【完全対策】DELF B2 作文で20点以上を取る方法。正直誰でも取れます

delfb2pe




Bonjour! KOKO です。



さて先日にDELF B2の試験を受けてきました。



結果として、Production écrite (作文)の試験で22点を取ることができました。

25点が満点なので、8割以上取得できたことになります。



正直なところ、このProduction écriteはある決まりに沿って書いていくだけで高得点を狙えるイージーな科目です。

実際に僕もこの決まりを学んでから、

Production écriteの点数が10点ほど伸びました。



そこで今回は

  • DELF B2 Production écrite (作文)で高得点を取るための対策
  • 実際に使える便利なフレーズ

について解説していきます。





DELF B2 Production écrite 対策方法まとめ

delfb2productionecrite


まずはDELF B2のProduction écrite がどのような試験なのかを簡単におさらいしましょう。



DELF B2のProduction écriteは筆記試験のことで、

テーマに沿って約250文字の文章を1時間で書く試験です。

25点満点で評価されます。



KOKO
練習していないと250文字を1時間以内に書き終えるのは難しいです。


簡単にまとめました。

  • 問題文によって書く内容が違う
  • 約250文字(問題によっては最低250文字)
  • 1時間で書き終える必要
  • 25点満点で評価

では実際にどのように対策をしていくのかをみていきましょう。



問題形式の把握

delfb2productionecrite


DELF B2のProduction écriteでは、

問題形式によって書くべき内容が変わります。



DELF B2のProduction écriteで主に出題される問題形式は以下の2パターンです。

  • 手紙型
  • 投稿型


ではそれぞれの問題形式でどのような項目や内容を書くことを求められているのか、詳しくみていきましょう。

覚えてしまえばそのまま使えるフレーズなども紹介します。



手紙型

delfb2productionecrite


まず最もよく出題されるのがこの手紙型の問題形式です。

問題文の内容としては、

Vous travaillez dans un pay francophone comme employé dans un commerce. Jusqu’à ici, votre patron laissait ses employés libres de refuser de travailler le dimanche. Mais il prévoit d’imposer à tous de venir travailler au moins deux dimanches par mois. Au nom de vos collègues, vous lui adressez une lettre pour exprimer votre désaccord et proposer un décision réaliste.

あなたはフランス語圏の国の従業員として働いています。 現在まで、上司は従業員に日曜日に働くかどうか決める判断を任せていました。 しかし、上司は全従業員が月に少なくとも2日、日曜日に働くように要求する予定です。 あなたは同僚を代表して、上司にあなたの反対意見を表明し、現実的な決定を提案するための手紙を送ります。


といったように、ある状況下で自分の意見を表明するための手紙を書く内容が多いです。



この手紙型問題形式の場合に気をつけなければいけない点は、最もフォーマルな形式で手紙を作成しなければいけない点です。

そのため、以下の画像のように差出人、宛名、手紙の題名、署名を書かなければいけません。

KOKO
手紙のフォームの美しさも点数に考慮されるので、各項目の場所もしっかりチェックしましょう。


delfb2productionecrite


差出人、宛名などは自分で考えないといけない場合が多く、僕の場合は自分の現住所を少しいじった住所、宛先はその住所の番号を変えただけのものを使っていました。

(注意点 : 例えばパリの市役所に手紙を出す場合は、宛先の住所をParisにするのを忘れないようにしましょう。)



署名にも自分の名前をそのまま使いましたが、なんの問題もありませんでした。



大切なのは

手紙のフォームを知っていることを試験官に証明すること

なので、多少のミスがあっても大丈夫です。



実際に僕がDELFを受験したときの問題もこの手紙型の問題でした。



投稿型

delfb2productionecrite


次によく問題として取り扱われる形式がこの投稿型です。



例題を見てみましょう。

Vous décidez de donner votre opinion sur l’interdiction des cigarettes électroniques dans les lieux publics. Vous écrivez un message à poster sur un forum en exprimant vos sentiments dans un texte argumenté et en précisant les raisons de votre opinion.

公共の場での電子タバコの禁止について意見を述べます。 あなたの意見の根拠を明記し、論理的な内容な意見をフォーラムに投稿するためのメッセージを書きなさい。

といった内容の問題です。



Forumと聞くと何か会議のような大きな会場でのイベントを想像してしまいがちですが、この試験でのForumは、ネット上にあるコミュニティのことです。

電子掲示板に作られたスレに投稿する感覚です。



そのため、先ほど紹介した手紙型よりもフォーマル度が低く、差出人も宛名も必要がありません。



KOKO
不特定多数の人が個人情報を見てしまいますもんね。


こちらのリンクから、先ほどの問題にもある電子タバコに関してのForumを見ることができます。

https://www.forum-ecigarette.com/



以上のように各問題形式によって、そもそもの形が違いますので、しっかりと問題文を読んで、どちらの形式なのかを把握してから取り組みましょう。



では実際にどのように文章を作っていけば良いのかを次のページでお話しします。






コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください