[実体験]思ってたのと違う!DELF B2 Production Oraleを受ける人へのアドバイス3つ。

delforale




Bonjour! KOKOです。



KOKO
フランスのグランゼコールでエンジニアリングを学んでいます。


フランス語学習歴は一年半になりました。



また、DELF B2を受験し、Production oraleでは、25点満点中、20点を獲得することができました。

ただ、今回が初めて受けたDELFだったので、練習と試験本番で想像していたものと違っていた点がいくつかありました。



試験前に知ることができていれば良かったなぁと思ったので、DELF B2受験を考えるあなたに、アドバイスを交えながら共有します。



今回は

  • DELF B2 Production oraleの本番の様子が知りたい!

この質問を一緒に解決していきましょう。





DELF B2 Production orale 当日の流れ

delforaleb2


まずは当日の流れをおさえておきましょう。



最初に自分の試験時間を確認しましょう。

僕の場合は10時スタートでしたので、9時30分頃に会場に着くように向かいました。

10時少し前になると、試験が行われる部屋に案内されます。



そして、テーブルにある10枚の紙のなかから、問題が書いてある裏を見ないように2枚選ばされます。



その後、その選んだ2枚を確認して自分の好きな方の問題を選び、問題番号を試験官に伝えます。



その後は30分の準備時間が与えられ、10時半になり次第、20分の口頭試験を受けます。



以上がDELF B2 Production orale の当日の流れです。



イメージしていた流れと違う!という方、僕も今回が初受験なのでそうでした。



他にも本番と練習でいくつか異なる点があったので紹介します。



部屋には常に2人の受験者

delforaleb2


まず最初に、あれ思ってたのと違うな、と感じたのは僕が部屋に入室するときに、もう一人の受験者が部屋にいたことです。



時間の節約のためか、そのもう一人の受験者の口頭試験時間と、僕の口頭試験のための30分の準備時間がかぶっています。



問題を選んだあとに、30分の準備時間がありますが、もう一人の受験者が同じ部屋で口頭試験を行なっているため、どうしても声が聞こえてきてしまいます。



そのため、イヤホンや耳栓を持っていくことをおすすめします。

僕も最初の5分ほど集中して準備ができませんでしたが、イヤホンをしてからは練習通りに準備をすることができました。



ちなみに、僕が口頭試験を行なっている間は、また別の受験者が後方で準備を行なっています。



気にしないようにしましょう。



問題の選択方法

delforaleb2


まずは最初に無作為に置かれた紙のなかから2枚を選び、選んだ2つの問題を読む時間が2分ほど与えられます。



自分がより話を展開しやすいなと感じる方を選びましょう。

ちなみに僕がひいた問題は、代替的ツーリズムと、親の過保護であり、後者は一度すでに扱った問題に似ていたのでそちらを選びました。



本番前は、問題は2つすでに選ばれていて、そのなかから選択するものだと思っていましたが、実際はその2問も自分で選ぶタイプ(2つの紙を選ぶときは問題は見えません)でした。



試験時間は20分よりも短くても良い

delforaleb2


普段このDELF B2の口頭試験のために、10分間話して、10分間は質疑応答と練習していますか?



僕もそのようにしていましたが、本番では緊張してしまい、口調が若干速くなってしまったのか、7分ほどしか話せていません。



質疑応答もそれほど長い時間だとは感じなかったので、口頭試験は合計15分くらいで終了しました。



しかし、このDELF B2 Production orale では20点と、満足のいく点数だったので、しっかりとした内容があれば、時間はそれほど関係ないと感じました。



実際にオンライン上に点数付きで公開されている口頭試験の様子があり、そちらでも10分ほど話してはいないようです。

3人の受験者の実際の発表の様子と、その結果が見れるので、自分と彼らを比べてみるのも良いと思います。

リンクはこちらです。

https://www.ucalgary.ca/delf/oral_DELF_B2



なので、無理して話を引き延ばすよりかは自然な発表になるようにした方が良いと思います。



最後に :  試験官が知り合いなことも

delf b2


僕がDELF B2の口頭試験を受ける前に知りたかったことをまとめてみました。



ちなみに、試験官が顔見知りの場合もありえます。

例えば僕の場合は、試験官二人のうち、ひとりは大学のフランス語の教師で顔見知りでした。

そんなときにも気にせず、無駄に気負わずに普段通り発表しましょう。



というわけで今回は以上です。



DELF B2 の全ての対策をこちらにまとめています。

受験予定の方はこちらもどうぞ。