[L’entrecôte]ボルドーでステーキ食べたいならここ。ランチにもディナーにもおすすめ。

bordeauxrestaurant




Bonjour ! KOKOです。



さて、先日このようなツイートをしました。



KOKO
ボルドーのl’entrecôte っていうお店なんですけど、一種類のメニューしかないのにスゴい行列で、ステーキはめちゃくちゃ旨くて、フライドポテトはカリッとしてて、少なくなると店員さんが持ってきてくれるんです。
サラダもついてて、なんと20€いかないんです、、そうです、飯テロです。


ボルドーに観光に来てレストランを探している人にに、ぜひおすすめしたいのがこのl’entrecôte です。





今回は

  • L’entrecôte のメニュー、料金、ドリンク、待ち時間などを知りたい!

この質問を一緒に解決していきましょう。







L’entrecôte 

bordeaux entrecôte


今回紹介するのは、僕たちがボルドーに観光に行ったときにディナーを食べたレストラン、L’entrecôteです。



昼間のこのお店の前を通ったときに、すごく長い行列ができていたので、何か気になり、ネットで調べて口コミがよかったので、その夜にここに食べに行きました。



結果としては大満足の選択でした。



そもそもentrecôteとは、ボルドーで有名なステーキで、いわゆるリブロースステーキのことです。



このL’entrecôteのおすすめのポイントは以下の5点です。



  • リブロースステーキがとても美味しい
  • フライドポテトがおかわりできて美味しい
  • ワインも美味しい
  • サラダも食べることができる
  • 20ユーロ以下


bordeaux entrecôte


L’entrecôteの内部は3階建てになっており、順次案内にしたがって席に座っていきます。





場所はこちらにあります。

オペラの近くにあるので、中央街へ観光に行った帰りに立ち寄るのも良いかもしれませんね。



では、このl’entrecôteについてもう少し詳しくお話ししていきます。



L’entrecôteのメニュー

bordeaux entrecôte


では次にL’entrecôteのメニューについてお話ししていきます。



ここL’entrecôteにはなんと1種類のメニューしかありません。

メニュー欄の一番上に記載されている19.5€のものを頼みましょう。



このメニューには以下の料理が含まれています。



  • 大人一人が満足できる量のリブロースステーキ
  • カリッと揚がったフライドポテト
  • ビネガー味のナッツ入りサラダ
  • フランスパン


bordeaux entrecôte


注文をした後には、リブロースステーキの焼き加減を聞かれます。

レア=saignant(セニャン)
ミディアム=a point(ア ポワン)
ウェルダン=bien cuit(ビヤン キュイ)



の3つを覚えていきましょう。



僕は a point を選択し、ステーキはとても良い焼き加減だったので、迷ったらa pointがおすすめです。





サラダはビネガーがかけられていて、とてもシンプルでしたが、おいしかったです。



また、最初にさらに取り分けられてくるリブロースステーキに加え、上の写真のように銀のプレートに取り分けられたステーキも持ってきてくれます。



この銀のプレートはロウソクで温められているので、少し時間が経った後にステーキを食べてもまだ温かいステーキを食べることができました

こちら側のことを考えてくれているサービスがよりこのお店を好きにさせますね。



bordeaux entrecôte


また、フライドポテトがなくなると、店員さんがやってきて、

追加のフライドポテトは入りますか?

と聞いてくれます。



フライドポテトは何度でもおかわり自由なので、お腹いっぱいになるまで食べることができます。



bordeaux entrecôte


ちなみに、個人的なおすすめの食べ方は、銀のプレートの上の、ステーキからでた旨味のある油が染み込んだスープにフライドポテトをつけることです。

スープは色々な具材を混ぜて作られているそうで、レシピは秘密だそうです。

とても美味しいので、もしスープが残っていたら、試してみてください。



L’entrecôteの飲み物

bordeaux entrecôte


次にこのL’entrecôteの飲み物についてお話ししていきます。



おすすめの飲み物は赤ワインです。



メニュー欄のLe Bordeaux Rouge de l’Entrecôte AOC Bordeauxにあたります。



ボルドーで作られた赤ワインで、あまりワインに詳しくない僕でも、あ!飲みやすい!と違いに気づくほど、今まで飲んできたワインとは違いました。



リブロースステーキとボルドーの赤ワインのコンビネーションは、最高でした。

二人で37.5Clのワインをオーダーし、足りないかなーと思っていましたが、一人当たりグラス2杯ずつくらいになり、十分に楽しむことができました。



サービスウォーターは無料なので、ほしい場合は店員さんにお願いしましょう。



L’entrecôteの待ち時間

bordeaux entrecôte


次に待ち時間についてです。



昼も夜も店の前にはとても長い行列ができていますが、お店の中は思っているよりも広いので、意外と早く進みます。



僕たちは開店時間である7時の30分前、6時半ごろに並び始めて、1回転目で入ることができました。



感覚としては先頭から60〜70人くらいはお店の1回転目で入ることができそうでした。



最後に :  ゆっくりしたいときにはあまりおすすめしない。

bordeaux entrecôte


さて今回は僕たちがボルドー観光に行ったときに食べた美味しいステーキが食べられるお店、l’entrecôte についてお話ししました。



文句なしの味と量、ぜひレストランを探していて、お腹が空いている人には行ってみて欲しいです。



ちなみに、ゆっくりと食事をしたい!という方には向いていないかもです。



というのも、お店の回転率をあげるためか、店員さんがわりと頻繁に声をかけてくるからです。





というわけで今回は以上です。



他にもおすすめのレストランを紹介しているのでこちらもどうぞ。