[フランス留学]住居の探し方。おすすめサイト3選

logements




Bonjour ! KOKOです。



フランスで大学院生をしています。



大学院の最後の6ヶ月間は、インターンシップをする期間が設けられています。



僕はインターンシップを別の街ですることになったため、引っ越しをしなければいけなくなりました。



そんな時に役に立ったフランスでの住居の探し方、おすすめサイトについて今回はお話ししていきます。



今回は

  • フランスでの住居を探したいけどどのサイトを使ったら良い?

この質問にお答えしていきます。







Crous Logement

crous logement


まず最初に紹介するのはCrous Logementです。



このCrousは、学生向けにあらゆるサービスを提供しており、そのサービスのうちの一つが学生寮です。



学生寮は寮費が他の住居と比べて安く、水道、電気、ガス代なども含まれており、Wifiが提供されています。



学生寮の探し方は、まずCrousのホームページからRechercher un logememtをクリックしましょう。



crous paris


そのあとは、学生寮を探したい地域の名前を入力して検索しましょう。

地図も同時に表示されるので、位置関係も掴めて一石二鳥です。



crous paris


Crous Logement で学生寮を探す



Les Estudines 

les estudines


次に紹介するのはこのLes Estudinesです。



Les EstudinesもCrousと同様に学生やインターンシップ生を対象に寮を提供しているサービスです。



Crousと違うのは、その寮がCrousよりも広く、豪華で、若干高価であることです。



フランス国内に90つの寮を展開しています。



住居の探し方は、まずホームページの右上の地図から都市名を検索もしくはクリックしましょう。

すると入居可能な寮の一覧が表示されます。



les estudines


CAFの対象にもなりますので、これらの寮に入居する場合はCAFの申請も忘れないようにしましょう。



Les Estudinesで住居を探してみる



Leboncoin

leboncoin


最後に紹介するのはこのLeboncoinです。



フランス版メルカリのように、中古品の取引などを行っているサービスですが、住居を探すこともできます。



住居の探し方について簡単に紹介します。

まずはホームページから、住居を探したい地域を選択しましょう。



そのあとに、ページ上部の検索画面からカテゴリー欄を開き、ImmobilierのグループにあるLocationを選択します。



leboncoin


そして再検索をかけると、現在売り出し中の住居の一覧が表示されます。



leboncoin


ただこのLeboncoinはフランス語での出品者とのコミュニケーションが必須です。

あまりコミュニケーションに自信がない場合は、Google翻訳などを使いながらコミュニケーションをとりましょう。



Leboncoinで住居を探してみる



最後に : 住居を見つけたらCAF申請を忘れずに

caf apply


今回はフランスで住居を探すときに役に立つおすすめサイトを3つ紹介しました。



引越しに伴う問題は出来るだけ、早めに解決しておきたいですよね。

早め早めに行動をして、スムーズな住居探しにしましょう。



というわけで今回は以上です。



新しい住居を見つけた場合は、家賃補助をもらうためにCAFに忘れずに申請をしましょう。

CAFの申請方法についてはこちらからどうぞ。