【完全版】マルセイユを観光するなら必ず行くべき!Calanque国立公園内有名ビーチ行き方まとめ。

CALANQUE

Bonjour ! KOKOです。



さて、先日このようなツイートをしました。

KOKO
大晦日はCalanqueにトレッキング。海で泳いでいる人たちもいるくらい暖かかったです🏊‍♂️そして海が綺麗すぎた。夏に来たい。夏に。




マルセイユ観光で外せないのがこのCalanque国立公園です。



このCalanque国立公園には有名な5つの美しいビーチがあり、そこへアクセスするためにはハイキングをしなければいけません。



しかし、しっかり歩いた分、透き通るようなエメラルドブルーの海を見たときには、感動することを約束します。





今回は

  • Calanque国立公園内のビーチへの道順とかかる時間などの詳細が知りたい!

この質問を一緒に解決していきましょう。







Calanque国立公園

calanque beach


このカランク国立公園はフランス、マルセイユの南部に位置しています。



大きさは520㎢にもおよび、そのほとんどが海域となっています。



ここカランク国立公園は、5つのとても綺麗なビーチを持つことや、ハイキングができる山々があり、自然を満喫できることで有名です。



死ぬまでに一度は訪れたい場所、と言われるほど多くの人々を魅了しています。



下の写真ように海の水は透き通り、エメラルドブルーの海に白砂のビーチが多数あります。



calanque beach


カランクへの行き方。マルセイユへの帰り方。

calanque beach
カランク国立公園の入り口


まずはマルセイユからこのカランクへの行き方について説明します。



ホテルを取っていたマルセイユ市街地から、カランク国立公園の入り口付近までバスで移動しました。



マルセイユ市街地からカランク国立公園入り口付近のバス停である、Luminy Universityまでは、バスで30分ほどで到着しました。





カランク国立公園の入り口付近には看板が多数あったり、入り口と書かれた立て札があったりするのでわかりやすいです。



calanque beach
スタートしてすぐの様子


カランク国立公園に入園した後には、5つのビーチを周り、ハイキングをして、隣町のカシ(Cassis)まで移動し、そこから電車でマルセイユまで戻ってきました。



5つのビーチ

calanque beach


先ほどお話ししたように、このカランク国立公園にはチェックポイントとなる5つのビーチがあります。



  • Calanque de Morgiou カランク・ド・モルジウー
  • Calanque de Sugiton カランク・ド・シュジトン
  • Calanque d’En-Vau カランク・ダンヴォ
  • Calanque de Port Pin カランク・ド・ポール・パン
  • Calanque de Port-Miou カランク・ド・ポール・ミウ


以上の5つがこのカランク国立公園で有名なビーチです。



ではそれぞれのビーチや港について詳しくみていきましょう。



Calanque de Morgiou カランク・ド・モルジウー

calanque beach


最初に紹介するのは、Calanque de Morgiou カランク・ド・モルジウーです。



上に記した地図のような順序でカランク国立公園をハイキングする場合、このCalanque de Morgiou カランク・ド・モルジウーが最初に辿り着く場所です。



ここには小さなホテルや、そこに住んでいる人々の家々があり、ヨットが停泊しているポートがあります。



ここのおすすめポイントは以下の写真のひらけた場所です。



次の目的地であるCalanque de Sugiton カランク・ド・シュジトンに行くための道を登ったところからこの景色を見ることができます。



calanque beach


このブログの先頭にある家族づれの写真のビーチのここの近くにあります。



Calanque de Sugiton カランク・ド・シュジトン

calanque beach


次の目的地はこのCalanque de Sugiton カランク・ド・シュジトンです。



ドローンから見た海がとても綺麗でまさにエメラルドブルーの海といった感じですね。



カランク国立公園のクルーズ観光もここCalanque de Sugiton カランク・ド・シュジトンを紹介しています。

それほど綺麗です。



ここには住居やホテルがないので、静かな波の音と、風になびく木々の音のみが聞こえてくるとても穏やかな場所です。



calanque beach


実際に白砂のビーチがあり、12月に訪れたのですが何人もの人がビーチ付近の海で泳いでいました。



海水に触ってみると、そこまで冷たくなかったので、泳ぐことも可能だと思います。



Calanque d’En-Vau カランク・ダンヴォ

calanque beach


次は僕のおすすめのビーチであるCalanque d’En-Vau カランク・ダンヴォです。



Calanque d’En-Vau カランク・ダンヴォは少し入り組んだところにあり、ビーチまで辿り着くのがとても大変でした。



そのため、あまり人もおらず、僕たちがついた頃にはロッククライミングをしているグループを除き、ビーチには僕たちだけでした。

calanque beach


ここのおすすめポイントは、ビーチ自体が山に挟まれているため、ビーチから海がまっすぐ伸びている点です。



今まで見たこともない地形だったので、まるで人口のプールのような感じがしました。



calanque beach


ドローンから撮影した海はもちろん綺麗で、面白い地形の様子が見て取れると思います。



Calanque de Port Pin カランク・ド・ポール・パン

calanque beach


次に紹介するのはここCalanque de Port Pin カランク・ド・ポール・パンです。



僕たちがここCalanque de Port Pin カランク・ド・ポール・パンにたどり着いたときには、すでに日が暮れ始めてしまっていて、あまり長く滞在はできませんでした。



ただ、暗くなってきていてもわかる海の透きとおり具合や静けさは、またここにきたいなあと思わせるものでした。





Calanque de Port-Miou カランク・ド・ポール・ミウ

calanque beach


最後に紹介するのはこのCalanque de Port-Miou カランク・ド・ポール・ミウです。



Calanque de Port-Miou カランク・ド・ポール・ミウは、マルセイユの隣町カシ(Cassis)の端に位置している港です。



到着した頃にはすでに暗くなっていて、夕焼けくらいしかみることができませんでした。



Calanque de Port-Miou カランク・ド・ポール・ミウについて知りたい方は、「Sukinare13.com-すきなれ」の管理人であるじゃがっ娘さんのブログを見てみてください。



歩いた道筋とかかった時間

calanque beach


では、僕たちが実際に歩いた道のりとかかった時間についてお話ししていきます。



歩いた道のりは下の地図のように、マルセイユ側のLuminy University横入り口からカランク国立公園に入り、そのまま山をくだり、まずはCalanque de Morgiou カランク・ド・モルジウーまでいきました。



Calanque de Morgiou カランク・ド・モルジウーからは、海沿いの山道を進み、Calanque de Sugiton カランク・ド・シュジトンまで向かいました。

calanque beach
道中の様子


その後は、再び山を登り、Mont Puget モン・ピュジェをマルセイユ側に迂回し、Calanque d’En-Vau カランク・ダンヴォまで行きました。

迂回中にはとても綺麗な景色をみることができます。



calanque beach


その後はCalanque de Port Pin カランク・ド・ポール・パンCalanque de Port-Miou カランク・ド・ポール・ミウを順に通り、カシ(Cassis)に辿り着く、というルートでした。





道中には以下のように、看板やマークがわかりやすいようにつけられていたので、そこまで迷うことはありませんでした。





かかった時間については、カランク国立公園内で5つのチェックポイントを廻るのにおよそ7時間(うち休憩1時間ほど)かかりました。

また、スタート地点であるバス停から、カシ(Cassis)の駅まで9時間ほどかかりました。



カランク国立公園のカシ(Cassis)の出口から、カシ(Cassis)の駅までが歩いて1時間くらいかかるので注意です。

当日は大晦日でカシ(Cassis)市街地と駅を結ぶバスが運行しておらず、疲れ果てた体で1時間歩きました。



アドバイスと注意

calanque beach


実際にこのカランク国立公園を歩いてみたときに感じたことをアドバイスとしてお伝えします。



まず、上の写真のように山道の数カ所は思っていたよりもずっと険しいものでした。



一歩間違えれば落下して死亡する可能性もあるので、しっかり歩ける靴、服装で行くことをおすすめします。

ただ、老夫婦もこの崖を登りきることができていたので、気をつければ大丈夫といった感じです。



また、山道は上下差がかなりあり、思っているよりも疲労が溜まりやすく、時間も予定していたよりだいぶかかります。



僕たちも10時にカランク国立公園の入り口に入り、17時にはカシ(Cassis)に到着する予定だったのですが結局19時にカシ(Cassis)に到着しました。



calanque beach


冬の間は17時になると太陽が沈み暗くなり始め、17時半になると明かりがないと山道は歩けなくなります。



暗い中でハイキングをするのは、危険度がグッと増しますので、時間に余裕を持って計画を立てるようにしてください。



calanque beach


電車に乗ってマルセイユに帰ってきたときには僕たちは疲労困憊で、一刻も早くホテルに帰って休みたい!という気持ちでいっぱいでした。



でもその分、カランク国立公園で広大な自然を楽しむことは価値があることだったので、ぜひ行ってみてほしいです。



最後に :  水の確保はしっかりと。

calanque beach


今回はマルセイユにあるCalanque(カランク)自然公園について、ビーチへのアクセス方法、道順、かかった時間などをまとめました。



上下落差のある道順だったので、マルセイユの市街地に戻ってきた頃にはすっかり疲れ果てていました。



その日の夜には、よく休息をとるようにしましょう。



ちなみに、Clanque(カランク)には売店がありません。

そのため、水や食料などは自分たちで用意しなければなりません。

脱水症状などにならないよう、準備はしっかりと行ってください。



Booking.comでホテルを探す

早めに予約して費用を節約!
Airbnbでお得に宿を探す

初回宿泊だと€32お得に!




というわけで今回は以上です。



マルセイユ観光のときにおすすめしているのがシティパスを購入することです。

損をしたくない人はこちらもどうぞ。